2011年12月19日

ぷつっとひとつ

実家の庭にぷつっとひとつ。

s11121112 051.jpg

蜂に刺された?
って感じがしないでもないですね。

母に名前を尋ねたのですが、
「知らないけど、染料になるらしいよ」
とのこと。

よく見ると、たくさん実がなっています。



ぷつ、ぷつ。

s11121112 052.jpg

ぷつぷつぷつぷつぷつぷつ。

s11121112 053.jpg

ぷつぷつ まん丸完成!
s11121112 050.jpg

「サネカズラ」といって、日本の野山に広く生えていて、
万葉集にも詠まれるぐらい日本人にはなじみ深い植物です。

母が植えるとも思いませんから、鳥が運んできたのかな。

別名を「ビナンカズラ(美男蔓)」ともいって、
茎を水に浸しておくとねばりのある樹液がとれ、
整髪料代わりにしていたんだとか。

出ました、母のうろおぼえ。

染料じゃなくて、整髪料じゃないのよwww

私が勘違いが多いのは、
この母親のDNAが非常に大きく働いてるわけね。

と、遺伝の法則を再認識させてくれた、
サネカズラでした。
posted by あえか at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | さんぽみち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック