2019年11月23日

カマキリの茶色と緑の違いはなに?

カマキリって、普通は緑ですよね。

2019-11-06 12.08.25 (2).jpg

でも、秋になると茶色のカマキリも見かけるんですよ。

2019-11-10 12.01.50 (3).jpg

カマキリも秋になると枯れて茶色になる??

ちょっと調べてみました。




結論から言うと、カマキリには緑も茶色もいる。

なーんだ、って感じですけど、
カマキリには緑と茶色がいるんだとか。

印象としては、夏には緑のカマキリをよく見かけ、
秋になると茶色のカマキリを見かける気がするのですが、
気のせいかなぁ。

カマキリの色は保護色なので、茶色は枯草にいるという話からすると、茶色のカマキリの方が、緑のカマキリより、季節が遅れて生まれるのかなぁ。

秋になるとカマキリが交通事故にあっている姿も見かけ、
周囲をよく見て歩かなよ、と思うのです。
寒くなると、体の動きが鈍くなるのかな。

この卵のカマキリは、緑?茶色?

2019-11-07 11.01.30 (2).jpg

来年までのお楽しみ。


posted by あえか at 14:49| Comment(2) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほぉ〜。
葉っぱのように秋になると色が変わるわけではなく種類が違うのですね。
保護色というのなら、生きる季節に合わせてそれぞれ進化した可能性もあるでしょうか?
カマキリの体では自動車の速さは想像できないくらいのスピードかもしれません。
全員がオジちゃんの軽トラくらいの速度だったらいいかもしれませんけれど・・・^^;
Posted by 加藤 at 2019年11月23日 17:37
気持ち的には秋になって枯れてほしいのですが、
カマキリってどちらもいるものなのですね。
考えてみると、走っているカマキリみたことないので、道路は歩かないようにするのが交通事故にあわない一番の方法なのかな。
Posted by あえか at 2019年11月27日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。